室戸山 明星院 最御崎寺
(むろとざん みょうじょういん ほつみさきじ)

 

24番札所 最御崎寺(高知 土佐の一番目のお寺)H26・09・24日

宿のご主人(おば〜さん)が朝早いのは出来ないよ、朝食は
07時頃でいいですか、との事。「いいですよ」「私共もゆくり
したいし」と返答!7時に朝食の準備をして頂きました。
「この年でも一人で頑張るよりないのよ」「昼間忙しいと大変で」
などと言いながら頑張っているおば〜さん頭が下がりました。
「魚美味しかった、ご馳走様」「お元気で頑張ってください」です。

お遍路とはおば〜さんも解っていてお寺までの道案内をして
頂いた後、お見送りまで受けて宿を後にした。

今日、雨予報もまだ雨が降っていない、有難い、今日は行ける
所まで行くぞと3日目のスタートです。室戸岬の最先端、灯台の
すぐ横に位置するお寺、最御崎寺です。駐車場に車を駐めると、
横にお迎え御大師様立像が有り左側に階段があり宿坊への道、
右側のなだらかな坂道を登り、歩くこと10分ほどで仁王門に着き、
岬の風雨に耐えしのぎ立派な仁王門がドーンと構えています。
中ほどには1648年に建てられたと言う鐘楼塔、長年の風貌を感じ
ました。現在は新しい鐘楼を使用しているそうです。広い境内、
本堂、大師堂も見事なものでした。相撲の土俵があり相撲大会が
行われるのだろうと思われました。叩けば響く「鐘石」も有りまし
たが叩きませんでした。奥には初めて目にする
「くわずいも」が群生しておりました。(毒性があって食べられない
そうで、観葉植物か?、仏炎苞(花)が見事だろうか?)

境内、お寺周辺には枝振りの力強い木々!海からの強風に耐え
お社類護っているようでした。お参りの後、室戸岬の灯台を見て
来ました。雨雲が迫ってます雨が降り出さない内にと次へ向かった。

☆ 20 世 紀 の 名 言 ☆より
  あなたの正直さと誠実さとがあなたを傷つけるでしょう
   気にすることなく正直で誠実であり続けなさい!

 

25番札所へ

室戸山 明星院 最御崎寺
(むろとざん みょうじょういん ほつみさきじ)

inserted by FC2 system