普明山 真光院 熊谷寺
(ふみょうざん しんこういん くまたにじ)

 

8番札所 熊谷寺 (自家用車可)

7番札所より約15分で到着です。

このお寺は高地にあって登り坂、階段が多く杖が必要でした。
この杖はお大師さまと一緒(同行二人)と言う意味があるそうで
使ってみるとそれは楽ちんでした。杖のお助けを借りてお参り
できました。

写真を撮っていると老夫婦がこのカメラのシャッターを押して
いただけませんか?との依頼があった。今のカメラは撮った後
すぐ確認が出来、駄目ならすぐ撮り直しが出来るので気楽です。
撮った写真を確認してもらってOKでした。

杖もシャッターもお助けを借りればいいのだ、借りたお助けは
お返しすればいいのだ、と教えられたものでした。

道中、清掃をしている方と出会い、女性は女性同士会話がはずみ
毎日綺麗に清掃しても夜にイノシシが鼻でそこらじゅうを掘り起こし
大変ですとの事!山奥での悩みでした。

☆ 20 世 紀 の 名 言 ☆より
   幸福の扉の一つが閉じる時は、別の一つが開きます。
   けれど私たちは閉じたほうばかりながめていて、
   こちらに向かって開かれているもう一つの方に
   気付かないことが多いのです。

 

9番札所へ

熊  谷  寺

普明山 真光院 熊谷寺
(ふみょうざん しんこういん くまたにじ)

inserted by FC2 system